山田ゆうすけのブログ

歌つくりレシピの巻(3)


あめりかんどっぐ・やり直しの詞その①!】

Iちゃんとスタートした歌つくりプロジェクト。キャラを押し出した歌は、古くは「およげたいやき君」その後ですと「おしりかじりむし」あたりがありますが、この【あめりかんどっぐ】というアイデアは、なんとも脱力系のゆるさが楽しいと期待が持てます。

キャラクターの歌というのも、意外に奥が深いジャンルです! それでいて、ブログの歌つくり企画の第一段を、遊び心も持ちつつスタートさせるにはちょうど良さそうです。しっかりドラマを詞に書いて欲しいと出した宿題に返って来ました、「ユキちゃん」登場です。

①近くて便利なコンビニで

バイトの ゆきちゃん 心を込めて作ったら

できたてホカホカ 美味しそう

しっぽの先まで 江戸っこの

おいらを お客さん誰もがなぜか呼ぶのさ

あめりかんどっぐ ちょうだいと

それなら なき声 ワンワンいうの やめとこう

バウ ワウ ワウ

バウ ワウ ワウ あめりかんどっぐ

気分だけ 鼻高々

バウ ワウ ワウ

バウ ワウ ワウ あめりかんどっぐ

きつね色 したおいらさ

②体の真ん中 しっかりと

芯が1本 見事にとおってるのさ

曲がった 事など しないのだ

背中の上に たっぷりと

ケチャップ マスタード むにゅっと かければいいさ

あめりかんどっぐ デリシャスさ

揚げ鳥 丸から からあげ棒は 友だちさ

バウ ワウ ワウ

バウ ワウ ワウ あめりかんどっぐ

頭から おかじりなされ

バウ ワウ ワウ

バウ ワウ ワウ あめりかんどっぐ

外はサクッ 中フワフワ

「悪いけどIちゃんこれ何が言いたいのか、どこがドラマなのかわかんないよ!?」

ついつい厳しいメールを出してしまいました。

Iちゃんが言うには、「本当に将来、このキャラをコンビニ本社が採用してくれるように、さりげなく専門用語でアピールしました」とのことでした。

気持ちはよくわかるけど…、まだ何か違う。わかっていないなあ…と。思わずよけいなちょっかい出してしまったかな? と少し後悔の「こ」ぐらいが頭をかすりました。 次、続きます…。