山田ゆうすけのブログ

歌つくりレシピの巻(11)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【粘土のスター?登場!】

だいぶんイメージが固まって来て、さてどういうメロディーにするかなと模索しているところへとんでもないインパクトが私の目と、そして右脳を襲いました。 「何これ!🎵」とおもわずさけびたくなるくらいの、かわいい「粘土細工」です。

今まで平面のイラストでしかなかった「あめりかんどっぐ」が、命を与えられて立ち上がった!と言っても過言ではありません。まだ完成していない途中のサンプルということですが、本当にすばらしい作品です。

作ったのは、Iちゃんのお友達で、粘土作家の『なかもとゆき』さん。見事にこの物語に一つの「いのち」を与えてくれました。
私は写真で見ただけで、実際にまだ実物を見てはいないのですが、「これだ!」と思いました。

彼女は今年の春、多摩美を卒業したばかりの才能豊かな女性で、お話していてもこだわりの作家さんである嬉しくなるようなオーラの持ち主です。
FB URL https://www.facebook.com/yuki.nakamoto.969

こんな出会いもあるんだな、とあらためてIちゃんに感謝です。

イラストを中心に歌と映像で「電気紙芝居」を作ろうと思っていましたが、これならイラストの代わりに「粘土どっぐ」を主役に立体的に動画化できるとイメージが膨らみました。

そして、いろいろこれまでのアニメや子供の歌の「かたち」を参考に探していたのですが、このインパクトのおかげで一気に思い付きました。

「ピンポンパン体操だ!」

そう。あの大昔にフジテレビで流行った子供向け番組の歌です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加