山田ゆうすけのブログ

歌つくりレシピの巻(14)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【microarrainger】

「ピンポンパン体操」をターゲットにイメージをふくらまし、いよいよ曲つくりです。一般によくある形としてまず「詞」があってそれに「曲」をつけ、そしてアレンジをしていく、あるいは先に「曲」すなわち「メロディ」がある逆のアプローチもあるでしょう。

今回は、少し違います。
というか、最近よく私の作品作りで取り組む形を行っていきたいと思います。
まず、「キーフレーズ!」がありきのやり方です。

今回は、なんといっても「ばうわう ばうわう あめりかんどっぐ」がサビであり、頭でキーフレーズとしてインパクトを上げたいので、ここのリズムキメが重要です。

ビートのある「ロック」にしようか、はたまた「団子三兄弟」のような「タンゴ」っぽいラテンというのもあるなあ…。店舗感も重要だし、メジャーな曲か、マイナーがいいか…このあたりが、入り口で悩みどころですね。

ここで私の力強い味方がいます。 KORG micro ARRANGERという『自動伴奏付きのキーボードです』コードを指で押さえたり、あるいは打ち込むだけでイントロから歌中、エンディングまで見事に思いのままに伴奏音楽を奏でてくれるスーパーキーボードです。

最近は、電気量販店にも安価なキーボードがたくさん並んでいて、似たような『自動伴奏機能』の付いたものも珍しくありませんが、このmicro ARRANGERはちょっと並外れた優れものです。別にKORGさんの回し者ではありませんがとにかく素晴らしサウンドでイメージを膨らませてくれます。(少し古い機種です。現在まで毎年のように新製品と多くの付加価値を盛り込み追加させていただいています。)

KORG micro ARRANGERhttps://www.youtube.com/watch?v=XpnG7Xyq4IQ

まずいくつかのリズムパターンを鳴らして、コード引きしながら全体の「テイスト」を決めるわけです。そしてキーフレーズの「ばうわう ばうわう あめりかんどっぐ」にぴったりのビートが決まれば、それに合った4小節×2回繰り返しのメロディを作ります。それが決まれば、今度はそれにあった歌中のメロディと詞を、作詞家さんとピンポンしながら作り上げていく。今回はこうしたやり取りの作り方を目指します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加