山田ゆうすけのブログ

歌つくりレシピの巻(18)


サビメロ鼻歌が出来た!】

「あめりかんどっぐ」のキーフレーズである「ばうあう~」の部分の暫定的なコードをまず決めました。Key in C(ハ長調)で[C] [FM7] [D7] [G7] で4小節。続いて [FM7] [Em7 A7] [Dm7 G7] [C]4小節で合計8小節をキーフレーズというか、いきなり頭でサビ出だし型を作ることにしました。

前回コードを抑えて伴奏パターンに「鼻歌」でつけたメロディを仮にキーボードでメロディを弾いて録音し再生しました。

ビデオを見てみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=u1_yyu-QQbo

たった8小節を追っかけている話なのに、イントロが勝手に8小節豪華に演奏されますが、まあこのあたりが機械の便利さと不便さですかね…! おまけに、エンディングまで豪華にくっついて演奏してくれます。でも、ちゃんとイメージつくりには大いに役立ちます。そして、これから歌中のメロディを作って行きますが、そうなるとこのイントロも、エンディングもそれなりにハマってきます。
というか、そのあたりを先取りしながら、イメージを膨らましながら作り上げて行こうというのが今回のテーマです。
楽譜に書きますと「ハ長調」でこのようになりました。

やはり、「あめりかんどっぐ」といいながらどうしてもイメージは「ブルドッグ」なので、メロディは下から上に駆け上がる感じに思いつきました。「ばうあう~」というイメージにきっと合うかなと思いました。そしてこれを歌うのはどう考えても男声だろう!と思いました。(どう考えてもスピッツみたいにキャンキャンイメージではないでしょうから… スピッツ? 最近見ないですね…)

こうして、サビメロの基本のようなものが出来てきました。