山田ゆうすけのブログ

歌うまくなりたい!=メロディをきちんと歌って! =


「ちゃんと正しいメロディを歌いなさい!」

思わず厳しい言葉を投げかけてしまった…。

小学五年生の歌へのコメントである。親しい作詞家が「歌手志望の小学生がいるので、一度歌を聴いてやって欲しい」というよくある金の卵発見の話である。

もうすぐ11歳のお誕生日が来るというとても可愛いお嬢さんの歌は、そう簡単にはシンデレラストーリへは難しいと思ったが、まあまあの歌ではあった。

演歌が好きだと言って「津軽海峡冬景色」を歌った彼女は、カラオケボックスのでかいスクリーンに映る歌詞も見ないで暗記していた。

しかしメロディがまずい! 2か所も間違っていた。しかも、私が「心の師」として崇拝する三木たかし先生の素晴らしいメロディを、1番も2番も、リフレインもきっちり同じように間違ってくれる…。

これは許せない!。

「あの…、メロディが2か所間違っているんだけど、ちゃんと石川さゆりさんの歌聴いたんじゃないの?」

「あっ、石川さゆりさんて知ってる、このテレビに映っている人だよね!」

「だから、この人の歌聴いて覚えたんだよね!?」

「ううん。聴いたことない。だって、お母さんとカラオケに行って、お母さんが歌っているので覚えたんだもの」

「じゃあ、石川さゆりさんの歌は?」 「聴いたことない!」

まあ、なんとも情けない話である。

カラオケが流行ってから「一億総歌手の時代」と言われだした。カラオケ大会に出場する人も、CDは買わず、カラオケ喫茶で人の歌をカセットやICレコーダ録音して間違ったままのメロを覚える。

楽譜は、人のものをコピーして使う。こんな、音楽の香のしない、チャレンジ精神の無い世界の中に育ち、大人から適当にちやほやされてきた子供が「歌手志望」はないと思う。

「とにかく、まず石川さゆりさんのCDを買って、楽譜をしっかり見ながら徹底的にプロの歌をまねてコピーしなさい!」と指導した。

必ずしもいい指導方法かどうかは微妙だが、その場ではそれしか口に出なかった。

 

小学生の話だけではない。

「歌がもっとうまくなりたい!」とアドバイスを求める歌手の方や、カラオケ大会入賞狙いの人たちも全く同じである。

昔、「レコードが擦り切れるほど聴いた!」といういい方が流行ったが、簡単に、安く音楽環境が得られるようになった今は、音のとらえ方まで「適当!」がまかり通る時代となった。オリジナル作品の軽視である。

もう一度言いたい、メロディを正確に覚えてしっかり歌いましょう。

作曲家は、詞を伝えるために相当苦労してメロディを、ドラマを作っているのだから。