山田ゆうすけのブログ

歌つくりレシピの巻:くまもと弁の歌!?④


「じゃ酒井さん、これだけ詞も全体が出来ているので、これを熊本弁にしてください!」と、酒井さんの等身大の歌である「じいじのゆらぎ」の詞をすべて方言にすることでインパクトが増すことを狙った。

「はあっ?」という驚きの声の酒井さんであったが、「わかりました。何とかします。面白か!」とおっしゃったような…。この方も、素晴らしいノリのアーティストである。

そして出来上がったくまもと弁の詞である。タイトルも「じいじンゆらぎ」と改められていた。

「じいじの」ということを、熊本方言では「じんじん」というらしく、最後の「ん」をあえて「ン」にしたのが酒井さんの茶目っ気である。

 

じいじンゆらぎ ()内が標準語 

作詞:酒井 博

おるが気持ちば ちょちょくる ちょちょけ

(俺の気持ちを からかう 蝶々)

男ごころば舐めとっと 舐めてみろかね 甘かなら

(男こころを舐めていのかい 舐めてみようかな 甘いならって)

いさぎゅーゆるる じいじンゆらぎ

(とっても揺れる じいじのゆらぎ)

淑女も 熟女も とっぺんめざし

(淑女も 熟女も 最高な女をめざし)

なんさま まばいか 厚化粧 あーたも昔は 美しいーかと

(とってもまぶしい 厚化粧 貴女も昔は 綺麗だったよと)

口が裂けてん言われんよ

(口が裂けても言われませんよ)

 

ゆるる ゆるる 気持ちンゆるる

あ WOW WOW WOW WOW

胸を揺さぶり レゲェば踊ろい

あ WOW WOW WOW WOW

男ごころのゆるるとよ じいじンゆらぎ

 

「素晴らしい!」の一言である。

よくぞここまで「くまもと弁」をオリジナリティたっぷりに書いてくれたものである!御立派!

さっそく、ミュージックコンピュータを使って、簡単なカラオケを作った。

(もう10数年愛用しているヤマハのミュージックコンピュータQY100で、自動伴奏パターンでのカラオケ制作マシンであるが、今でも人気の名器である。)

 

今回は、QY100の中から、『Dance Hall Reggae』というレゲェの自動伴奏パターンを選び、酒井さんに仮デモを歌っていただくためのカラオケをなんとか短時間で作り上げ、こぎつけた。

さっそく酒井さんがおこのカラオケを鳴らしながら仲間のコーラス/かけ声入りでICレコーダ録音して送って下さった。

お聴き下さい!(1コーラスのみ)

 

さて、この酒井さんの歌いっぷりをベースに、いろいろとアレンジを凝らして、ついに来週10月4日(水)最終回の報告と、動画紹介をする予定である。乞うご期待!