大会2018

応募に関するQ&A〜その2〜


応募はこちらから!

応募締切1か月延期、応募はこちらから!


前回に引き続いて今回は第2回全日本こころの歌謡選手権の「歌唱応募」について、お問い合わせメールやお電話をいただきましたいくつかのQ&Aをご紹介したいと思います。
皆さま、たくさんの応募をお待ちしています!


Q1:歌唱応募をしたいのですが、時々ギャラをもらってライブハウスでシャンソンなどを歌っています。自分ではプロのつもりをしていますが、プロでも応募してもいいのでしょうか? また、前回のこのあたりの様子はいかがだってのでしょうか?

A1:まったくOKです。前回の例をみましても、決勝大会に進まれ、「こころ歌大使」の称号を委嘱した29名のアーティストの多くが「セミプロ」か「プロ」で活躍されている方でした。
例えば、決勝大会で優勝された「松田陽子」さんは、あの「あさみちゆきさん(テイチク)」でご本名でチャレンジしたことにみんなびっくりしましたが、素晴らしい歌唱で大活躍でした。

こころ歌大使:松田陽子紹介URL
https://heartful-song.com/kokorouta_players/yohkomatsuda

積極的な応募お待ちしています!


Q2:歌唱応募を検討していますが、楽譜は売っていないのでしょうか?
また、DAMでカラオケが入っているのは確認しましたが、CDで音源を購入するのはどうしたらいいのでしょうか?

A2:課題曲のCDお近くのCDショップでのご購入できますが、在庫がない場合はお取り寄せが可能です。その際は以下の内容をお店の人にお伝えいただけると対応がスムーズになります。

「Heartful Song ~こころ歌~」全日本こころの歌謡選手権大会課題曲集
品番:YZWG-5013 価格:¥2,500(税抜) ¥2,700(税込)
レーベル:(株)エイフォース・エンタテイメント

また、Amazon、楽天、クラウン徳間ミュージックショップなどその他インター ネットCDショップの方でも購入いただけます。
クラウン徳間ミュージックショップ
http://crowntokuma-shop.com/products/detail/CTM00008S1

そして、CDには全13曲の楽譜が掲載された歌詞ブックレット付です!


Q3:歌唱応募をする際にキーは自由に選べるのでしょうか?
また、録音状態が悪いと減点されるのでしょうか?
エコーはかけてもいいのでしょうか?

A3:キーの選択は自由です。とくに高い、低いの調整はもちろんのこと、男性歌唱作品を女性が応募する場合などは当然大きくキーを変更しなければなりません。
例えば、八代亜紀さんの「花一花」を男性歌唱応募の場合「+4」とか、小田純平さんが歌う「回転扉」を女性歌唱する場合「-3」とかみなさんDAMやJOYSOUNDのカラオケボックスへ行って課題曲を歌唱しご自分の最適なKeyを設定しています。ただ、ご注意いただきたいのは、どのカラオケで歌ったかによって、つまり JOYとDAMでキー設定がオリジナルと違う場合もあるので、必ずどこのカラオケを使ったかはエントリーシートに明記下さい。

次に、録音ですが、やはり圧倒的に多いのがカラオケボックス等へ行って、ラジカセや、ICレコーダで録音して応募されている方が多いです。また、DAMのお店ではお部屋によって歌唱した音源を1枚600円のCD-Rを購入すると3曲まで録音できるようです。
お店のスタッフに相談してください。なお、録音の品質や、エコーの有り無しは審査の対象にしませんのでご心配なく。
ただ、あまりエコーを深くかけますとかえって歌詞がはっきりしない、明瞭度が低下していると、審査に不利に働くこともありますので、バランスにはご注意ください。
みなさんどんどん応募して下さい。お待ちしています。


Q4:気に入った課題曲があるので応募を検討しています。
これで優勝すれば賞金とか、CDを出してもらえてメジャーデビューできるのでしょうか?
最近カラオケ大会では賞金付きが多くて自分も何回か優勝したことがあります。

A4:「全日本こころの歌謡選手権大会」は「歌謡曲ルネサンス」を目指す「国民運動」 を理念に掲げた大会なので、賞金やすぐにデビューと言ったことはありません。 ここで選ばれたアーティストは「こころ歌大使」としてテレビやネットで紹介され、全国の地域の音楽活動のリーダとして「大衆歌謡復興」の旗頭として活動していき、それを内閣府が後援し、弊法人がサポートしています。
第1回の実績をみますと、全国から選ばれた29の「こころ歌大使」は海上自衛隊東京音楽隊の50名に近いフルバンドの歌唱でその模様がBSジャパンで全国放送され、NHKニュースにも取り上げられました。それを機会に、それぞれの地域で様々なイベントに出演したり、メディアにも数多く取り上げられています。
また、その中にはこれを機会にオリジナルCDリリースを果たした「こころ歌大使」もいます。 大切なのは、これらの活動の中で、新しい歌の世界のウェイブを起こそうということで「こころ歌大使」どうしの連帯感が強まり、新しい試みが展開されています。
その意味で、賞金が出るカラオケ大会とは大きく趣旨が違いますが、ぜひ私達の理念をお汲み取り頂き、応募をお待ちしております。

まずは、前回29名の皆さんの「生」の勇姿をごらんください!
第1回全日本こころの歌謡選手権決勝大会
https://heartful-song.com/contest2016-final/

応募に関するQ&A〜その1〜
応募に関するQ&A〜その3〜
よくある質問(FAQ)はこちら

LINEで友達になって最新情報をGET!

第2回全日本こころの歌謡選手権2次予選大会 結果速報はこちらから!

【第1回「こころ歌」作詞/作曲コンテスト】採用作品歌唱歌手決定!