加賀田佳恵


■都道府県
千葉県
■課題曲
金色の蝶

こころ歌大会の趣旨に賛同してくださりありがとうございます。大きな舞台で海上自衛隊東京音楽隊のビックバンドの伴奏で歌った感想はどのようなものでしたか?白い衣装がとても魅力的でした。いろいろな活動を計画していますので、よろしくお願いします。(田勢康弘)

加賀田さんが歌う「金色の蝶」は、言葉をひとつひとつ大切に、作者の思いをよくかみしめて歌われていましたね。そして、ミュージカルの主役のようにその振りや表情は情感が豊かで、作った本人としましては、つい審査委員だということを忘れるくらい引き込まれました。次から次へ商業ペースで使い捨て的に変わっていく楽曲ではなく、いつまでも歌い継がれるものを歌っていきたいとおっしゃったのがすごく印象的でした。きっと歌の指導もしていらっしゃるのでしょうね?いい歌を人にも歌って欲しいという思いが伝わってきます。そして、何よりも、加賀田さんの明るいキャラは、楽屋でも救われたお仲間も多いのではないでしょうか。音楽隊のバックで歌う姿は、とてもかっこよかったです。これからもすばらしい歌姫で居続けて下さい。応援します!(山田ゆうすけ)

2016年12月2日 全日本こころの歌謡選手権 決勝大会
こころ歌大使 加賀田佳江さんの歌唱 課題曲『金色の蝶』


一つの作品を作り上げるプロセスを実況形式で解説するブログ「歌作りレシピ」。
シリーズ第四弾は加賀田佳江さんが作詞家:堀越そのえ氏の指導のもと作詞を始めるところから、最終的な楽曲「無いもんねだりやね」として完成するまでの一部始終をお送りしております。

記事はこちらから→無いもんねだりやね

こころ歌大使一覧へ