昭和歌謡裏話、こぼれ話

田勢康弘の昭和歌謡裏話、こぼれ話/ 「校歌 その3」


「世は歌につれ」/歌謡曲ルネサンス

16.校歌 その3

新しい学校だし、どこかに一箇所だけ学校の名前を入れようと思った。
3番まで詞を書いて、一箇所だけいれるというのはなかなか難しい。そうだ最後に入れようということを思いつき、学校の名前の前に「青春ばんざーい」と入れてみたらなかなかいい感じだった。

今年の卒業式で初めてこの歌を聴いた町の人が「良かったよ、みんな泣いていた」と教えてくれた。
役目を果たせたかなと安堵している。

 

白鷹中学校校歌 友よ

作詞田勢康弘
作曲山崎ハコ
編曲若草 恵

友よ ああ 友よ

いまから 物語 始まるよ 

大人への 入り口に立つ われら

はるかな道へ 

まず 踏み出そう 小さな一歩を

厳しい冬の あとには 

桜が きれいに 咲くだろう

 

山よ ああ 山よ

空へと 羽ばたく 白い鷹よ 

なせばなる 鷹山公の 山よ

われら飛び立つ  

目を 世界に 心 ふるさと

夢を抱いて つらぬけ

星は かならず またたくよ

 

川よ ああ 川よ

ひたすら 海めざし 走りゆく

母の胸 命はぐくむ 川よ 

水面が光るあの 静けさ   

ときに 雄々しく

世のため何が できるか               

それを 学びに いま集う

 

青春 ばんざい 白鷹中学校

 


白鷹中学校校舎

LINEで友達になって最新情報をGET!

第2回全日本こころの歌謡選手権2次予選大会 結果速報はこちらから!

【第1回「こころ歌」作詞/作曲コンテスト】採用作品発表はこちらから!