岡本京子


堂々たる歌い方なのにそれほどたくさん歌っていないという。そして年齢を知ってまたびっくり。歌う姿勢もステージ衣装もとても若々しい。花一花の作曲者の美樹克彦さんが、審査員席で「そうか、こういう歌い方もあるんだ」とうなずいていたのが印象的でした。(田勢康弘)

第1回からの再チャレンジでここまで上り詰めてきた実力はさすがです。多くの聴衆をうっとりとさせた岡本さんの歌唱力そして声の良さは素晴らしいです。加えて自らお年をおっしゃってみんなびっくり!こんな素敵な方もいらっしゃると多くの同世代の応援を獲得したことでしょう。また、東京音楽隊の皆さんの優しさ、包容力にも感謝されていて、これからのチャレンジャーにもいい目標になると思います。できればこれからはちょっとリズムのあるラテンや、ポップスなども果敢に挑戦されて、こころ歌大使ここにありを皆さんに見せて聴かせてください!期待しています。(山田ゆうすけ)


2018年8月5日 第2回全日本こころの歌謡選手権 決勝大会
こころ歌大使 岡本京子さんの歌唱 課題曲『花一花』

第2期こころ歌大使一覧へ