リヴァプールの雨/平野悦子


リヴァプールの雨 平野悦子(作詞:堀越そのえ 作曲:さかたひとし 編曲:藤井弘文)

「第1回全日本こころの歌謡選手権大会」を勝ち抜いて「こころ歌大使」となった平野悦子、が同じく「こころ歌創作大賞」を受賞した新作オリジナルでデビュー。「リブァプールに降る雨はこんなにもせつなくあの人に会いたいという思いに追いやるのか・・・」その豊かな表現力で切なく、熱く歌いあげるボサノバロックが心地よい!

発売元:メロディーレコーズ
品番:【YZME-13008】
デジタル配信日:2019年2月15日

カラオケ配信情報
DAM選曲番号:

購入方法

各音楽配信サービスにてダウンロード、ストリーミング可能です。オリジナルカラオケ版もございます。
各サービスによりアカウント登録、アプリのインストール等が必要となりますので、各サービスの案内にしたがってご利用ください。
すでにご利用の方は歌手名、曲名で検索してお聞きいただけます。

《ダウンロード》
Amazon
レコチョク
mu-mo
music.jp
mora
iTunes
など

《ストリーミング》
Apple Music
LINE MUSIC
Amazon Music Unlimited
AWA
Spotify
レコチョクBest
KKBOX
Google Play Music
dヒッツ
など

作品の紹介

リブァプールという港町を舞台に、恋の思い出と向き合う切ない女心を平野悦子が軽快なテンポの中にも哀愁たっぷりに熱唱する作品。
「ビートルズを産んだ町、リヴァプール。このメロディを聴いた瞬間、リヴァプールに降る雨と、港町の風景がふと浮かんできました。秘めた大人の恋。出逢いと別れ。しっとりとした情感に似合う舞台だと思いました。もう二度と逢えない人だからなお、心が探してしまう。そんな切なさを雨の風景に重ねて描いてみました」(作詞家:堀越そのえ)
当初、ピアノで奏でるオシャレなスゥイング調のオリジナルメロディだったが、より多くの人に歌って欲しいと言うことでノリやすいボサノバロックアレンジにて詞が付けられ、第1回こころ歌作曲コンテストの「こころ歌創作大賞」受賞曲としてこの歌は生まれた。

平野悦子プロフィール

「第1回(2016)全日本こころの歌謡選手権大会」(内閣府後援)に出場し海上自衛隊東京音楽隊のフルオーケストラで歌唱(BSジャパンにて全国テレビ放送)し、「こころ歌」大使を委嘱されるとともに、「優秀歌唱賞」を受賞。艶のある伸びやかで、抜群の歌唱力は多くのファンを魅了する。2018年「こころ歌創作大賞」を受賞した「リヴァプールの雨」のボーカルコンテストで見事に合格し、この作品でメジャーデビュー、そして同大会の「新課題曲」となった。
・1981年 ルックルックこんにちは「ドキュメント女ののど自慢」A賞受賞
・1987年 TBS カラオケコンテスト金賞受賞。のち、3週勝ち抜きチャンピオンに
・1988年 TBSカラオケコンテスト グランドチャンピオン大会出場、グランドチャンピオン受賞
・1990年 TBSカラオケコンテスト歴代グランドチャンピオン5名で、ファイナル日本一決定戦に出場
この番組で高橋真梨子さんの「for you…」を通算で3回歌唱した事により、廃盤になっていた 「for you…」が、カラオケ大会などで歌われるきっかけになったとの事。関東を中心にライブ活動中。

神奈川県横浜市出身 埼玉県蕨市在住


作者コメント

作詞 堀越そのえ

この曲を歌うには、想像力が必要です。
心の中に映像を浮かべて歌うのはもちろん、夜の霧雨の『温度』や『湿度』まで伝えることができて、完成と言えるでしょう。

サビの盛り上がりに至るまでの、ドラマの組み立てが心の中で出来ているか?
主人公の心情に感情移入できているか?
それがこの歌の説得力、リアリティになります。

難しい曲なのでテクニックが必要になりますが、テクニックだけで歌うと、無機質な歌になってしまいます。
映画の主人公になったような気持ちでトライしてみてください」

 

作曲 さかたひとし

「全日本こころの歌謡選手権大会」のコンセプトは『歌謡曲ルネサンス』ということでしたのでこれはもしかすると私にもチャンスがあるかもしれないと思い今回応募させていただきました。
これから応募される方は過去の歌謡曲の延長線上を考えずご自身の独自の世界観を大切に曲作りされるといいと思います。
時代の潮流やその時々の最新と思われるものを追求しようとするとルネサンスをキーワードにしたコンセプトから離れた陳腐なものになってしまうかもしれません。
世界の最新といわれる音楽の多くは、ひたすら自分流を追い求めた結果だという事実は示唆に富んでいると思いませんか。

 

歌手 平野悦子

ビートルズの名曲の数々が生まれたと言われるリヴァプール。 リヴァプールといえば港町、レンガ倉庫… 横浜で生まれ育った私にとって、引き寄せられる思いがあります。 港町のリヴァプールを私なりの環境に置き換えて、主人公の心に思いを重ねてみました。
とても難曲ですが、歌い込んでいくうちに、主人公の思い、心情が、未だ見ぬリヴァプールの景色と共に色濃く浮かんで来るのを覚えました。
この様な素晴らしい楽曲にめぐり合い、歌わせていただける事に心より感謝申し上げます。 言葉の一つ一つを大切に大切に置いていく事を心掛け、更にスケール感が出せたらと思います。

平野悦子ページ

【第1回「こころ歌」作詞/作曲コンテスト】法人制作曲『リヴァプールの雨』2018.8.5の模様

全日本こころの歌謡選手権大会 第2期課題曲一覧へ