サルスベリの空/田口美紀


サルスベリの空 田口美紀(作詞:速水裕美子 作曲:山田ゆうすけ 編曲:杉山直樹)

「第1回全日本こころの歌謡選手権大会」を勝ち抜いて「こころ歌大使」となった田口美紀が、同じく「こころ歌創作大賞」を受賞した新作オリジナルでメジャーデビュー。サルスベリが映える、真っ青な空を、いつか自由に飛びたい、という二人の切なくも甘酸っぱい想いを田口美紀がピュアに歌うドラマチックなラブソング!

発売元:メロディーレコーズ
品番:【YZME-13011】
デジタル配信日:2019年2月15日

カラオケ配信情報
DAM選曲番号:6759-06 2019年4月23日配信
JOYSOUND曲番号:437343 2019年3月21日配信
UGA曲番号:473753 2019年3月21日配信

購入方法

各音楽配信サービスにてダウンロード、ストリーミング可能です。オリジナルカラオケ版もございます。
各サービスによりアカウント登録、アプリのインストール等が必要となりますので、各サービスの案内にしたがってご利用ください。
すでにご利用の方は歌手名、曲名で検索してお聞きいただけます。

《ダウンロード》
Amazon
レコチョク
mu-mo
music.jp
mora
iTunes
など

《ストリーミング》
Apple Music
LINE MUSIC
Amazon Music Unlimited
AWA
Spotify
レコチョクBest
KKBOX
Google Play Music
dヒッツ
など

作品の紹介

世の中には様々な出会いと別れがある。 たとえば「訳ありの、そう若くはない男女が肩を寄せ合って生きて来たけれど、このままではいけないと、お互い行き詰まりを感じていた時・・・」。あるいは「本当に大切なのに、いつかひずみが出た時に、放り出すのではなく、形を変えながら続けて行こうかと考え始めたとき・・・」。息苦しいような夏の暑さの中での行き場のない想い。傷ついた僕を包み込むようにいてくれた君。優しい君を追いつめたのが、僕だったなんてね。行き詰まりを感じた恋の終わりは、別れじゃない。
一緒に空を飛びたいと思う、このサヨナラは紛れもなく愛。サルスベリが映える、真っ青な空を、いつか自由に飛びたい、二人で。

田口美紀プロフィール

視力のハンディを持ちながらも優しく、そして力強くうたう彼女の歌声は、多くの聴衆を癒し、力づける。とにかく歌が好きなのだ。歌のなかのドラマに身を置くことが彼女のいきがいであると言うピュアなアーティスト。
・2015年宇都宮で行われた市民芸術祭で優勝
・2016年水森英夫杯優勝
・2016年栃木県大衆音楽家協会で、グランドチャンピオン
・2016年報知新聞社主催歌の祭典で準優勝
・2016年「こころ歌大使」を委嘱され、「第1回こころの歌謡選手権大会」で、「審査員特別賞賞」 「最優秀観客感動賞」受賞。
・2018年「第3回全日本こころの歌謡選手権大会課題曲歌手」のオーディションに合格

宮城県出身 宇都宮市在住


作者コメント

作詞 速水裕美子

私は詞を作る時、いつも「絵を画くように」作りたいと思っています。
夏の風景にサルスベリを選んだのは、今は亡き祖母の家の庭の淡い色が、毎年印象的だったからでした。サルスベリについて調べてみると「種には翼がある」との記載が…心を打たれました。そして、百日紅との別名が表すように、夏の間中長く咲いているのがサルスベリです。全てを見通すかの様にそっとずっと…
男女を問わずたくさんの人に、それぞれにドラマを描きながら、歌ってもらえれば嬉しいです。

 

歌手 田口美紀

第三回こころの歌謡選手権大会の課題曲のサルスベリの空を歌わせて頂く、田口美紀です。
最初にこの曲を受け取った時は、何て難しい曲なんだろうと思いました。 たんたんと歌っても良しかえって、掴み所が無いって感じでした。でも、どんな歌い方をしても心に入って来ると感じ、何度も歌っているうちに、これは良いかも❗と思い大きく歌うようにしました。
抑え気味に歌うと全体が小さく聞こえると、でも心で歌うとそれも良いかもって思います。どなたでもその人成りに心で歌う❗そんな感じを受けた作品です。レコーディングの時も山田先生から、好きに歌って良いよ‼️の一言で私の思いきった歌唱が出来ました。
スタッフ皆様に感謝です。誰でも口ずさんで下さい。けして、難しくないです。簡単に歌うのが、良いのかも、皆さん沢山の 応募して下さいね☺️

田口美紀ページ

【第1回「こころ歌」作詞/作曲コンテスト】法人制作曲『サルスベリの空』2018.8.5の模様

全日本こころの歌謡選手権大会 第2期課題曲一覧へ