ブログ

世は歌につれ 月刊「FACTA」連載

「演歌最終ランナー」吉幾三 哀楽、風景、心すべて津軽|月刊「FACTA」連載 世は歌につれ/田勢康弘

16.「演歌最終ランナー」吉幾三 哀楽、風景、心すべて津軽 吉幾三の歌を長い間、たくさん聴いてきた。いろいろな意味で天才だと思う。吉幾三の「酔歌」(ぽつりぽつりと降り出した雨に)をステージで歌っている神野美伽に「彼は天才 […]

世は歌につれ 月刊「FACTA」連載

「演歌の神野美伽」世界へ|月刊「FACTA」連載 世は歌につれ/田勢康弘

15.「演歌の神野美伽」世界へ 自称文化人たちが集って不思議なイベントをやるエンジン01文化戦略会議というものがある。3年ほど前、釧路市で開催したイベントの講座のひとつで演歌を取り上げることになった。中心となる音楽評論家 […]

世は歌につれ 月刊「FACTA」連載

清志郎・陽水 時代が産み落とした個性派|月刊「FACTA」連載 世は歌につれ/田勢康弘

14.清志郎・陽水 時代が産み落とした個性派 忌野清志郎の墓は中央線高尾駅からほど近い霊園の高台にある。意味もなく霊園を歩くのが私の数少ない趣味のひとつのようになっていて、偶然、見つけた。何となく気になる墓なので3回か4 […]

世は歌につれ 月刊「FACTA」連載

「船村演歌の寄る辺は「母」|月刊「FACTA」連載 世は歌につれ/田勢康弘

13.「船村演歌の寄る辺は「母」 私がキャスターを務めていたTV報道番組にどうしても出てもらいたくて頼んだのが作曲家船村徹である。8年ほど前のことで、厚かましくもギターでの弾き語りをお願いした。5千曲も書いている巨匠は私 […]

世は歌につれ 月刊「FACTA」連載

「ざんげ」「石狩挽歌」 北原ミレイの歌は「文学」だ|月刊「FACTA」連載 世は歌につれ/田勢康弘

12.「ざんげ」「石狩挽歌」 北原ミレイの歌は「文学」だ さほど誇ることもない私の人生だが、そのときどきの流行歌と記憶が結びついている。新聞社の大阪勤務となって初めて新幹線に乗ったころ、森進一の「港町ブルース」が流行って […]

世は歌につれ 月刊「FACTA」連載

「私と歌謡曲」いかにこころをつかむか|月刊「FACTA」連載 世は歌につれ/田勢康弘

11.「私と歌謡曲」いかにこころをつかむか 私の名刺の裏には音楽プロデューサー・歌手と小さく書いてある。そうなのです。ときどき頼まれたらステージで歌うのです。カラオケ大会の審査員を頼まれることもある。素人なのでプロ歌手の […]

世は歌につれ 月刊「FACTA」連載

「昭和」の象徴ひばり・旭|月刊「FACTA」連載 世は歌につれ/田勢康弘

10.「昭和」の象徴ひばり・旭 美空ひばりは短歌を詠む。9歳からスターとして活躍していたひばりはおそらくほとんど学校へ通えなかっただろう。しかしながら、彼女の書いた文章や遺されている短歌などを見ると、その知的レベルには舌 […]

世は歌につれ 月刊「FACTA」連載

“弟”から見た“姉”島倉千代子|月刊「FACTA」連載 世は歌につれ/田勢康弘

9.“弟”から見た“姉”島倉千代子 私の手元に島倉千代子が愛用していた国語の辞書が何冊かある。いずれも箱の裏側に島倉千代子と名前が書き込んである。さほど忙しくないとき、彼女はよくパラパラと辞書をめくっては読んでいた。10 […]

世は歌につれ 月刊「FACTA」連載

「お願いもう一度」 ちあきなおみ|月刊「FACTA」連載 世は歌につれ/田勢康弘

8.「お願いもう一度」 ちあきなおみ ちあきなおみのこの歌をぜひ聴いてほしい。ユーチューブでも可能です。   霧笛(むてき)(難船) 霧笛が啜(すす)りなく 海沿いのホテル これが最後の旅と 決めたはずなのに […]

世は歌につれ 月刊「FACTA」連載

五木ひろしが別の芸名だったら|月刊「FACTA」連載 世は歌につれ/田勢康弘

7.五木ひろしが別の芸名だったら 1970年の大阪万国博の年だったから良く覚えている。私は新聞社の大阪社会部の記者だった。めったにテレビは見なかったが、月曜日の夜の読売テレビの歌番組は見ていた。長めの髪の若者が10週連続 […]