横井則子


横井さんの「花」映像見ながら聴き直してみました。素晴らしいものでした。なぜ大賞にならなかったのか、と思いました。たくさんの人が花をうたいましたが、横井さんはまったく誰とも違う歌い方でした。創作コンテストでも活躍していただきありがとうございます。これからは私たちの歌謡曲ルネサンス運動の柱として、一緒にやりましょう。期待しています。(田勢康弘)

CM歌手として、お歌の先生として大活躍のキャリアを十二分に感じるレベルの高いボーカリストですね。どんな作品、どのようなジャンルでも巧みにこなす素晴らしい潜在能力の高さは、こころ歌大使のみなさん、会場のみなさん、そしてテレビをご覧の多くの方も感じたと思います。また、先生と生徒が一緒にこころ歌大使として決勝大会に出場し、また新課題曲の作詩家としても「こころ歌創作大賞」を受賞するなどすごい才能の方だと驚いています。「花」の歌詞が共感できたということがきっかけらしいですが、作品を大事にしたいというコメントがすごく印象的であった。作曲家としての欲張りではあるが、この方も「サービス精神」を解き放った自然体の、すっぴん的な歌もきいてみたいなという強い欲望が出てくる逸材でした。(山田ゆうすけ)


2018年8月5日 第2回全日本こころの歌謡選手権 決勝大会
こころ歌大使 横井則子さんの歌唱 課題曲『花』 ♪こころ歌審査員特別賞受賞

 

作詞/作曲部門『我ん心ぬ思い(わんくくるぬうむい)』【課題曲作家(作詞)】

 

第2期こころ歌大使一覧へ