「歌唱」ここがポイント

切れのいい歌とは実はデリケートな表現が必要だった!


ブレスでアクセントをつける!その4『ワイパーはまだ直さない』

作詞の五木寛之先生もびっくりするような小気味良いボサノバロックのサウンドの楽曲であるので、どうしてもアバウトに荒っぽく歌われるケースが多く見られるが、このような歌にこそデリケートさが必要となる。

楽譜協力:「月刊歌の手帖2016年7月号」


4小節目の「あなたを~」の直前に、「はっ!」と言うような思いで息を吸って、すぐに言葉を発する。この調節が切れのいい歌を誘発する。

この部分「あなたを~」と右肩あがりに駆けのぼるメロディを作った小田純平さん(作曲も担当)は、自らが歌う時もここをとても大切に歌っている。ダラダラと歌わず、軽くアクセントを入れて言葉をクリアに表現している。

そうすることで、「あのひは~」の前の部分とのコントラスト、メリハリが強く出て、しっかりと言葉が入ってくる。もちろん、彼がこの譜面を片手に意識して歌っているわけではないが、このようなブレスポイントがシンガーソングライターとして体に浸み込んでいるのであろう。

ノリの良い楽曲で、体も自然と動き出すと思うが、要所要所はデリケートに表現したいもの。そのためには、このブレスポイントが大事である。


課題曲の試聴はこちら

LINEで友達になって最新情報をGET!

【第2回 全日本こころの歌謡選手権】決勝大会 歌唱動画公開しました!

【第1回「こころ歌」作詞/作曲コンテスト】歌唱動画公開しました!