「歌唱」ここがポイント

絶対に外してはいけないキメのフレーズ その1『回転扉』


勝負どころでメロディを決める!その1『回転扉』

符割りをかっこ良く決める

「課題曲の歌唱は楽譜通り完璧に歌って下さい!」というほど作曲者や審査員は厳格な歌唱を求めているわけではない。それぞれの歌手に個性や味があって当然である。

ただ、楽曲には「ここが美味しい!」「ここがキメ!」というポイントがある。多くはサビのメロディや最後のキメのフレーズであろう。したがって、ここを大きく外してしまうと、個性ではなくその楽曲の「うま味」を外したということになる。

「ではどういうところを気をつければいいのか?」 課題曲の中から3曲を選んで簡単に解説する。
1曲目は『回転扉』この曲の楽譜を見てみる。


楽譜協力:「月刊歌の手帖2016年7月号」

この楽曲は、最後のキメの4小節の「さがしてる」の「てる」のメロディの符割りがとても重要だ。

符割りとは、歌詞のメロディ(音程)とリズムをどのように刻んで表現するかということで、作曲者は詞の持つ世界観を表現するために色んな形でメロディを作り込んで作品のドラマ性を高めている。ここでは「てる」を16分音符で素早く立ち上げているが、しばしばここを8分音符でゆっくり目に上げて歌っている人を見かける。

音源を聴いて確認してみよう。メロディをハーモニカ系の楽器音で演奏している。

最初のメロディが8分音符のもので、符割りが上手く立ち上がっていないことが聴きとれる。次に、16分音符で正しく歌う場合のメロディを入れてみた。

前者はややモタッとしているのに比べ、後者は符割りが鋭くかっこ良い感じが確認できると思う。そして最後に小田純平さんのオリジナル音源を聴いて欲しい。

この『回転扉』はこのように素晴らしい符割りで最後をキメている。ここを見逃してはならない。

課題曲の試聴はこちら

LINEで友達になって最新情報をGET!

第2回全日本こころの歌謡選手権2次予選大会 結果速報はこちらから!

【第1回「こころ歌」作詞/作曲コンテスト】採用作品発表はこちらから!