「歌唱」ここがポイント

メロディを大切にする!その3『たからもの』


こだわりのメロディ

シンガーソングライターである山崎ハコさんが北海道で作られた作品である。曲調は、3連符リズム刻みのゆっくりとしたスローロック的なスタイルなのだが、それを全く感じさせないなめらかなメロディである。そして目を閉じて曲を聴いていると、さいはての町で暮らす情景が浮かぶようで、詞とメロディが同時にできたのだろうとイメージしてしまうドラマチックな作品である。

聴いているとすぐにでも歌いたくなる、フォークのような、シャンソンのような、歌謡曲のような不思議な親しみと哀愁に満ちた作品であるが、この曲も歌ってみると難しいという声が多い。山崎ハコさん独特の細かな符割り、メロディのせいかもしれない。

間違いやすいところを楽譜と音源で簡単に説明する。


楽譜協力:「月刊歌の手帖2016年7月号」

楽譜の中によく間違いやすいところを4か所示した。

音源は、まず間違った例の楽器演奏、次に正しい演奏、そして最後にオリジナルのクミコさんの歌唱が流れる。


2小節目、3小節目の、4小節目の「こいしい」の音程がポイントである。2小節目の「こいし」が「レドレ」と「い」が「ド」に下がらないで「レレド」と歌ってしまう、同じように、3小節目の「ミレミ」が「ミミレ」、4小節目の「こいしい」も上がり切っていないケースがある。

言葉ではなかなか説明も難しいので、ぜひ楽譜と音源を聴きながら比較して確認してほしい。

そして、最後の4つ目「ようです」が極めて重要な箇所である。この「よ」と「で」は同じ音で、間に「う」を挟んで思いきり低い音程で作られている。これが山崎ハコさんのメロディの真髄で、とくに「よ」が下がり切っていないとそれだけでかなり残念な歌唱になってしまうと思っていいくらい山崎ハコさんのこだわりのメロディとなっているので気をつけて歌って欲しい。

課題曲の試聴はこちら

LINEで友達になって最新情報をGET!

第2回全日本こころの歌謡選手権2次予選大会 結果速報はこちらから!

【第1回「こころ歌」作詞/作曲コンテスト】採用作品発表はこちらから!